人間悪魔とトリックスター

暗黒宇宙でこんにちは

サンドアートの件

ライブのネタバレを含みます。

 

結論から言えば、私はあのサンドアートは好きではないけれど、ライブ演出としては「アリ」だと思う。言ってしまえば、あの演出に違和感を抱いた時点で、演出としては十分に効果を発揮したんだろうと思うのです。

 

私はまだまだファンとしてはひよっこだが、彼らを好きな気持ちは誰とも優劣をつける必要のない純粋なものだ。だから自分の思うことを綴りたい。愛が溢れて止まらないのです。切れ味を増して愛してるぜ(by美醜LOVE)

BUCK-TICKの特異性のひとつは「歌にメッセージ性がないこと」だと思っている。たぶんいつぞやのブログでも言っていると思う。

聴く側にすべてを委ねてくれる。例え製作のバックグラウンドに何らかの社会的問題があったとしても、聴き手に伝えられるのは音楽それだけであり、それは純粋で、あらゆる推察が無意味になるような、絶対的に抽象的なもの。それは、思想の相違による穿った見方を生み出さない。

時に、歌い手による個人的なメッセージ性というのは、音楽に偏見をもたらす...と私は思う。

そういう音楽を30年以上もずっと届けていてくれているという特異性。時事問題やそれに付随する思想は時代の変化に耐えられないと思うし(だからこそ生まれる美しさや熱量があるのはもちろん承知していますが)、BUCK-TICKの音楽がいつまでも新鮮で古臭くならないのはそういうところに起因すると思う。

それはライブ演出でも同様、歌詞に沿った世界観を醸し出すものはあっても、直接的に内容を説明するものなんてなかったはず。(私の知る限りは)

今回、「ゲルニカの夜」での演出でサンドアートが採用されている。問題はその内容で、歌詞に沿ったストーリーが描かれ、歌詞の内容を説明するようにも受け止められる。「空が狂い出す」「君が君でなくなる」...あれを見ると、これらの歌詞を「爆撃機が来る」「君が死んでしまう」と変換せざるを得なくなる。

どうしてこんな具体的な描写を見せてくるのだろう?確かに違和感があった。紙芝居を見ているような錯覚で、この時のあっちゃんは歌い手ではなくまるでその物語の「読み手」にでもなっているようだった。だからこの曲ではあまりあっちゃんに意識がいくことがなかった。(普段はガン見しているというのに...)

先に述べたBUCK-TICKの特異性、良さをこのサンドアートが殺しているのではないか?と思わなくもない。

だけど、むしろ、この「ゲルニカの夜」では、あえて皆の心に共通の絵を描かせたかったのではないか?と考えると、私の中でいくらか腑に落ちるものがあった。

それはつまり、サンドアートによってこの曲が「完全なるフィクション」であることを強調したかったのでは?ということです。

BUCK-TICKの代表曲である「さくら」「JUPITER」然り、近年のあっちゃんフェイバリットソングである「無題」然り、歌詞の抽象的な世界は、全てあっちゃんのノンフィクションの世界を表現している。具体的な描写はなくても、あっちゃんの実体験が描かれていることは明らかで。明らかなのに、どこまでも抽象的で。だからこそ、私は聴きながらあれこれ想いを巡らせて、歌詞の世界を創造して、あっちゃんの内面を垣間見たような感覚にドキドキしたりして。

アトム京都公演での無題では、「ねえ パパ 許してください」と言いながら何かに馬乗りになってナイフを突き立てるような動作を見せていて、そういうことなのか...?と、とっても見とれてしまった思い出がある。見る度に、悲しさや、後悔の念や、恨みや、慈しみがあって、その多重人格の様相にライブならではの生の良さを感じたのです。そして、その時のライブ演出(舞台演出)は、とってもシンプルな照明によるものだった気がする。何ものにも説明されたわけではなく、私が、音楽から、あっちゃんから、無題の世界観を感じ取ったのです。これがBUCK-TICKのライブだと思うのです。

改めて考えたとき、聴き手に感じ方を委ねていることは、その音楽が「あっちゃんのノンフィクションの物語」を表現していたからこそだったのではないか。ノンフィクション、つまりあっちゃんそのものの物語であるからこそ、具体的な形にはしなかったのではないか、と思うようになった。あっちゃんが詞の裏にどんな想いを隠しているのか?直接的なメッセージ性がないからこそ、私はここを探るのがとても好きで。あっちゃんの魅力が、ひいてはBUCK-TICKの魅力がそこにあると思っている。

対して「ゲルニカの夜」は、明らかに戦争の物語であるということを描写してきた。母を亡くし、兄を愛する、そんなあっちゃんのパーソナルな話ではなくて、ただ真っ直ぐに戦争の凄惨さを表現していた。あっちゃんが「僕はもう踊れないんだ」と言えば、サンドアートは糸の切れたマリオネットが映し出した。「僕」の描写があるなんて。一番想像を掻き立てられる部分のはずなのに...。こうも主人公が明確な歌はこれまであっただろうか?そうサンドアートに気を取られながら、私は考えた。これはつまり、「ゲルニカの夜」が、戦争が、あっちゃんにとっての「完全なフィクションの世界」であることを表しているのだ。と、私は解釈した。歌詞の説明によって想像の余地を与えないことは、その他の曲との対比によって更に強調されることになる。演出が世界観を構築することで、あっちゃんのパーソナルな部分を排除することになる。これによって、戦争というものに対するあっちゃんの私見や思想がグッと抑えられていたのではないか。とも思う。どうしてもテーマを伝えたかっただろう(会報からもその想いが滲み出ている)が、その手段として、自分の主観で伝えるのではなく、あえて物語を通して訴えてきていた。絶対的に伝えたい事をあえて物語というフィルタを通しているあたりに、あっちゃんらしいというか、BUCK-TICKらしさを感じた次第です。先にも述べたが、時に、歌い手による個人的なメッセージ性というのは、音楽に偏見をもたらしてしまう。そう、私にとってBUCK-TICKの音楽というのは、既に何度も述べているが、こうした偏見を持たず、ただ純粋に音楽として聴くことができる素晴らしいものなのです。(これは、今井さんの思考の寄与するところが大きいだろうけど。いつぞやのローリング・ストーン誌インタビューより。)

また、あそこで観客の視覚的イメージを固定することで、最後の「胎内回帰」世界をより分かりやすくするという効果も当然狙いだろうと思う。コンセプチュアルなアルバムだからこそ、最後のイメージは統一したいと考えられたのかもしれない。まあ、回りくどく考えなくても、今回の意図はここだろうなあ。これ以上を詮索するのは野暮だろうな、って思うんだけど、もうここまで書いてしまった。ご容赦を。

長々と書いてしまったけれど、結論は冒頭に書いた通り。サンドアートの具体的な描写があったことで、観客に戦争の凄惨さを見せ、最後まで非常に緊張感を保ったライブになったと思います。MCが無いのも納得できるくらい、完璧な世界が出来上がっていました。ただ、少し、サンドアートのカメラワーク(?)が、気になってしまった。なんとなくダサいというか...うん。ちょっと安っぽく見える瞬間があったかな。分かりやすくし過ぎたというか、演出過剰だったかな、と思う。しかしそれを含めたとしても、この『No.0』というツアーにおける「ゲルニカの夜」は、サンドアートの通りの解釈で聴くことが正解だと思うのです。

という事で、今回のサンドアート演出に否定的な意見があるのも十分に理解できます。でも、私は、その演出効果は結構重要なんじゃないだろうか、なんてことを考えました。

Twitterでこの件に関するいろんな感想を見る度に、自分の解釈もどうしても言いたくなってしまったのです。でも、どうにもこうにもうまくまとめられなかったなーなんて、うんうん唸っている。

長文失礼しました。

しあわせ

書きもしない日記帳とかどこに置いたか分からないファイルとか、成仏できないものが沢山ある。大事なものはどこかにあって、それを皆が探してたとして、実は私が持っていたとして、私は自分をラッキーだとか勿体無いとか思わない自信がある。私は私の感じることしか信じないし信じられない。

あなたが何を考えてたってそれは同じで、私の思い込みに勝るのはなかなか困難でいつも苦労させちゃうね、ごめんね。

私が例えばケイトスペードのネックレスを握っていたとして、あなたが誤解するといけないから、これはあなたへのラブレターとして残しておきたい。空からヘリが堕ちてきていつ死ぬかもわからないから。いつだって会いたいし一緒にいたいし時間って本当に足りない。会いたいから一緒にいて、一緒にいたいから考えてる。考えてる時間なんてないのに、考えなきゃいけないことが多過ぎて、随分と遠回りしているような気がしながら、思えば随分と駆け足で贅沢しているようにも見えるから、いつだって気持ちと思い出の感情は一致しなくて、過去は信じられない。本当のことは今しかないから、思い出は本物でも、それには決して遡及効はない。今がしあわせなら全部いいの。

理解していただかなくても結構だけど最近は短歌がアツい

短歌を読んだときある種のアハ体験のような気持ちよさを感じてしまって、それからというもの何を読むにも私は五七五七七を探してしまって何度も読み返す悪癖が身についてしまった

日常の何気ない瞬間にこそ七五調は潜んでいる

ほら、今のセンテンスも五七五七七で読めば快感

ラップバトル流行の理由も日本語の音を楽しむ心ありき、ならば今まさに、短歌ブームなど巻き起こるのではあるまいか

なんてことを考えている

短歌の魅力は何と言っても「自然体」であることだ、と思う。ただし私の云う短歌というものが正しい短歌であるのかは知らない。正しい短歌、というものがのかも知らない。俳句と川柳の違いのように、短歌とただの五七五七七にも何か違いがあるのかもしれないけれど、私はただの五七五七七こそ短歌と称していて、その上で私は短歌が好きだと言う。

 

この記事の中に一体どれだけの短歌が潜んでいるでしょう

 

ただの文字列ではない、人が書いた文章というのは生きている、感情がある、思いが乗っている、それを現すものが五七五七七だとして、ただの文字列からそれらを汲み取れば、瞳の奥から音が聞こえる。

 

この記事でわざと残した五七五七七は8つ、分かるでしょうか?

記念日の意味は分からないけれど思わず口ずさんでしまい悔しい

どうしてこんなのが名作なんだろうって思っていたけど、サラダを見れば思い出す自然なセンテンスであって、誰の生活にも溶け込むことが出来る、誰かの思い出の引き出しになれるから、だから名作なんだっていうことが今なら分かる気がする

言葉は人の想像に理解を委ねる、誰の心にも入り込める余白が大切って誰かが言ってた

 

誰かとは誰だろう、誰かが良くても私には良いかは別問題であって、誰かが泣いても私が笑えるんならそれは喜劇であるし、私にとって良いものであれば他の誰にも好かれてなくたって構わない

この価値観が絶対ではなくなる瞬間を恋としようか

なんちゃって

 

失いし若さはイヤホン付けながら初めての街を行く無謀さ

 

昨年末に東京に行った時に感じました。

主義主張の無い唄 その2

すっかり忘れかけていたというか下書きに沈んでいたこの記事。1年なんてあっという間に過ぎていくんだなあなんてのをこんな変なことから感じてしまった。クラス替えなんて人生の一大イベントだったのに、今はもうボーッとしてたら一学期なんてすぐにでも終わっちゃいそうなスピードで時がゆく。しかしそう感じるのは決して悲観的ではなく、むしろワクワクしているから、やっぱり今が一番最高。なんてクソみたいな楽観的思考で生きているのが私の自慢です。

 以下、続きの記事本文。

 

とにかく私は、BUCK-TICKの曲において「歌詞がいい」とかそういうことは全然期待していなかった。

これから先の内容は失礼を承知で申し上げるが、櫻井敦司の歌詞は、BUCK-TICKを聴き始めた頃の私は、いつも一辺倒で特に内容が無いなあなんて思っていた。そりゃあ、この頃の私はBUMP OF CHICKENが誰より好きで、藤原基央の歌詞が何より好きだったから、音楽における「歌詞」にとても重きを置いて聴いていたから。BUMP OF CHICKENや或いはYUIは、私の思考を揺さぶるような衝撃、新たな価値観の呈示のようなガツンとくるフレーズが潜んでいた。

「生まれたことを恨むのなら ちゃんと生きてからにしろ」

「制服脱ぎ捨てた16のアタシに 負けたくはないから」…

励まされたし問いかけられたし、その度に曲の解釈を考えたり自分の思考について見つめ直したりした。おかげで、こんなに斜に構えた人間が出来上がってしまった。

櫻井敦司の歌詞は、これらの正反対にあると感じている。つまり、世の中に対して斜めから切り込むことや、自分に発破をかけるような言葉は並べない。ただ、目の前の情景、自己嫌悪、愛と死、夢。

「嫌いだ 今夜もまた眠れやしない あなたを夢見て夢 虚ろな夢」

「どんなに人を傷つけた 今夜は優しくなれるかな」

「僕はなぜ風の様に雲の様に あの空へと浮かぶ羽がない」

例えばこういう風に生きようぜとかこんな奴はダサいとかそういう主張が一切無くて、とにかく内省的で、それがとても曲と合っていて、良い雰囲気を醸し出していて。そういうのがとっても心地好くて。

BUCK-TICKの音楽には何も強制されない。とファンの方が言っているのをよく聞く。私はその事についてピンときていなかったけれど、最近それが凄くよく分かる。櫻井敦司の歌詞は、とても優しい。彼が歌う悲しみは何者かへの慈しみであり、怒りはなく、感情の届かない他者ではなくただただ自己を映している。無責任な言葉がない。「同じことしか歌えないんですよ」というようなことを言っていた気がするけれど、十分すぎる。櫻井敦司という人は、曲に対しての想いとか意味とか、そういうものが限りなく無くて。かと言って浮いている訳でもなく。狂おしくて愛おしい夢、変わらない言葉は彼が彼自身のことだけを歌っているから。何にも問いかけてこない、それは心地好い同居人のような感覚というか。無言で過ごせる関係っていいよね!っていう正にその感じ。なんて言いながら、時折、無限の闇を切り裂いてゆけなんて背中を押してくれたり、皆が笑ってくれることが出来過ぎた夢の様だなんて儚いことを言ってくれたりするから、ドーンと聴き手に届くんだよなあ。恐るべし櫻井敦司。あなたの美しさは何も見てくれだけではなく、そうした詞の端々からも感じることが出来るのよ。

今回のツアーにて、なんて事無いわと思っていたLove Paradeがあんなにグッとくるなんて。表現者櫻井敦司は、時々胸にドンと直接響く声を届けてくれるから、だからずっと見逃せない。彼が歌っているのは同じことかもしれないが、彼の歌は同じではない。素敵な表現者だ、と思う。

ちなみに私はノクターンの歌詞が大好き。

 

  閉じ込めた情熱 雨が降る僕の中

  傘を差さない君が佇む

 

うーん、美しい!

MUKOKU

今一番格好良い俳優は村上虹郎だと思う。最早異論は認めないレベル。

菅田将暉のことを今一番格好良い俳優というのには違和感しかなくて、私は彼のことが大好きだけど好きだって言い辛くなっているから嫌だ。私的ベストオブ菅田将暉ピースオブケイクでトイレの前でディープキスしてるやつ、次点では溺れるナイフで用水路かどこかで顔なめてからキスしてくるやつ。なんて改めて考えてみたら割と最近の作品だった。俳優として見ればそこのみにて光輝く菅田将暉が一番魅力的。

とにかく村上虹郎は間違いなく今一番格好良い俳優だし、今の彼を見てると同じ時代に生きてリアルタイムで見られていることに幸せを感じるレベル。俳優として完璧。そんな彼の主演ドラマがテレ東であって見つけてソッコー録画した。ドラマといえばテレ東。放送局によって放送時期とか時間とかがバラバラになってるから見逃しがちなテレ東。そういえば、今期は録画したドラマをほとんど見れていない。もう3週くらい見逃したら全然追っかけられる気がしない。かと言って録画を消すってのも勿体無くてできない。見逃したら負け。

さよならを言わずにさよなら出来たらこんな気持ちにはならなかったんだろうか

0711

大したことないって思ってたのがそもそもの間違いだったのかもしれない、なんて考えてしまうほど思い出す。旅行に行ったのもゲーセンに行ったのもドトールに行ったのも全部そう。他にいないから、そりゃあそうに決まってる。でもそんなことに気付かないほど、そんなことが凄いことだと気付けないほど、長い時間を過ごしてしまった。

今更未練はないけれど、いきなり他人にもなれなくて、でもそうじゃないならどうやって関わればいいのかが分からないから、もしかしたらこれが後生最後になったのもしれない。別にそれでもいいけれど、いいんだけれど、それを思うとなんだかどこか空っぽになったような気がして、変わらない筈なのに何かを受け入れなきゃいけないような気がして、そうしたら平常心ではいられないような気がして、だけど何にも変わらないから、やっぱりこんなことを考えているほうがおかしいんだって思って、そこで思考停止する。

思考停止、で、寝落ち。

 

0724

薄情ものかもしれないが、人の気持ちなんてコロコロと変わってしまうんだってことや、二週間という月日は私を全く違うものにするに十分な期間なんだってことが分かってしまうくらい、もうなんか、今はどうでもよくなってしまった。ぐぬぬ。日記をとることの大切さを知る。忘れてしまう前に、私の苦しみ悩みのいろんなことを記しておかねば。いつかこんなこともあったかもなんて思えたら、全部報われるような気がする。